モキチ・マーケティング・グループ株式会社
創業者の想い 事業概要 お問い合わせ 茂吉問答 JP / EN
茂吉問答
日々のニュース ▽ マーケティング ▽ 経営 ▽ 人生・フィロソフィー ▽
問答「なぜ、マルコポーロマーケティングにたどり着いたのか?」
「なぜ、マルコポーロTV!!は生まれたのか」の問いで
ある程度は記したつもりですが、


もっと根っこの話をできれば。



私には、幸之助という本年(2107年)小学校に入学する息子がいます。

ただ、離婚してしまい、離れ離れです。
幸せなことに、別れた妻も再婚し、
これまた幸せなことに、
相手の方も、幸之助を養子として育ててくれることになりました。


ですから、
私は、産みの親ではありますが、育ての親になることはできません。


幸之助君という息子のために、父にできることはなにか。


それが、
マルコポーロマーケティングの原点です。



幸之助君が大人になったときのことを想像しました。


二十歳になるのが、
今から15年後、2030年。

世界は、どうなっているのでしょう?
日本は、どうなっているのでしょう?


その時、二十歳になった幸之助君やその世代には
なにが必要になっているでしょう?

父として、何を残しておけるでしょう。
どんな種を蒔いておけるでしょう。


コロンブスは、
マルコポーロの遺した「東方見聞録」に刺激され、
世界を目指したそうです。


そのマルコポーロの最初の旅は、
マルコポーロの父に連れられてのものでした。



幸之助君やその世代のために、
私が遺すものは、お金ではありません。


なにかのために私が起こした行動の足跡だと。


マルコポーロマーケティングは、
自立した一人ひとりの商人と、それらが結束した商人集団が生み出す
大切な誰かを幸せにする物語とその数々です。


きっといつの日か、
その仲間に加わってくれることを夢見ています。

たくさんのマルコポーロの先輩たちに囲まれて、
海を越え、日本のために、世界のために冒険してくれている幸之助君の姿を夢見ています。


日本が繁栄し続ける未来とは、

世界のために、日本になにができるか・・・を一人ひとりが問い、結束し、
より良い世界のために、我々日本人が貢献し続けている未来でしょう。


私自身は存在しないこの世の中が
素晴らしく幸せな世界であってほしい。

そんな世界を夢見ながら、
商人として生きると自覚した私ができる種を蒔きます。
PROFILE
外山 茂
外山 茂 / Shigeru Toyama
代表『外山茂』略歴
『事業プロデューサー』
成果報酬型マーケティングコンサルティング会社:年商20億円(社員数20名・コールセンター70名)を経営。クライアントの事業目標達成にコミットし、新規集客からコールセンターまで、マーケティング業務一式を請負う。2011年事業譲渡。現在、事業戦略・マーケティング戦略プロデューサーとして活動中。経営者のフィロソフィーを核にした『フィロソフィーマーケティング™』『フィロソーフィーブランディング™』モデルで革新的な事業・マーケティング戦略構築を使命とする。
茂吉問答
質問箱

外山 茂が質問にお答えします。

経営やマーケティング、日々のニュースに関わる質問に答えます。お気軽にご質問ください。

*回答までには少々お時間を頂きます。
*ご質問によっては回答出来ない場合もございます。ご了承ください。
お名前*
メールアドレス*
質問内容