モキチ・マーケティング・グループ株式会社
創業者の想い 事業概要 お問い合わせ 茂吉問答 JP / EN
茂吉問答
日々のニュース ▽ マーケティング ▽ 経営 ▽ 人生・フィロソフィー ▽
2018.10.29 / 日々のニュース
問答:マツキヨ ブランド再生について、どう思うか。
参考記事
https://trend.nikkeibp.co.jp/atcl/contents/18/00039/00001/?i_cid=nbpnxr_pg_backnumber

この記事で一番興味をもったところ

パートナーにはブランドコンサル会社のインターブランドジャパンを迎えた。

インターブランドジャパン。すごい会社があるね。

マツキヨにおいても、戦略は非常にシンプルだ。

マツキヨらしさを取り戻そう!、だ。

マツキヨらしさとは、革新性、卓越性。
かつての斬新で、楽しくて、来店でわくわくするブランドを取り戻すこと。
そして、手をつけやすいPBブランドの刷新。

「顧客が最も見ているのは商品。既にある商品のデザイン刷新であれば手を着けやすく、
なおかつオリジナル商品をそろえることでブランド価値の向上につながる」

商品そのものに、フォーカスしている点は、中小零細ともにいえることだ。
要するに、売れる商品・消費者に選ばれる商品づくりに徹する、ということ。

昨夜、P&Gの経営戦略の本を読んでいたが、
一時停滞していたP&Gを復活させたのは、「消費者はボス」という原点回帰で
徹底的に、消費者との接点を持ち、そこからの気づきをマーケティングにフィードバックすることだった。

難しく考える必要がない。

消費者を理解し、消費者に喜んでもらえる商品・サービスを提供しさえすればいい。

衰退していく企業は、結局、
経営者が消費者から離れていくことが最大の原因だろう。

経営者の、消費者離れ。

このマツキヨ創業家の常務取締役は、消費者という原点に立ち返っただけだ。
経営者の気持ちが消費者に戻れば、あっという間に事業は復活する。

そのことがはっきり現れた事例だと思う。


しかし、もう一方で、気になることがある。

マツキヨ単体の売り上げでみれば、復活したかもしれないが、
業界全体、市場全体では、大きなトレンドの変化、潮流が変わってきている。

食品を取り扱うドラッグストア企業が増え、コンビニエンスストア化が進む中で、
消費者が店舗を選ぶ基準が品ぞろえや価格に移り変わっていった。

音部さんがいうところの「属性順位」の転換が起こっている。

新たに成長してきているウエルシアやサンドラッグは、もはやこれまでのドラッグストアではない。

「いいドラッグストアの基準が変わってきているのだ。
ドラッグストア×スーパーという、新しい属性(カテゴリー)が現れているといってもいい。
「スパドラ」「ドラスパ」

「消費者が店舗を選ぶ基準」そのものが変わってきているとしたら、
PB商品のテコ入れどころの話ではなくなるだろう。

マツキヨも、食品を売るのか?
それとも、マツキヨ独自の売り場を作るのか。
そもそもウエルシアやサンドラッグとはカテゴリーが違うと判断すれば、
それらとの規模の争いをやめる経営決断も必要ではないか。
もしくは、「スパドラ」マーケットで、マツキヨらしい店づくりで差別化するか。

次の一手が非常に重要になってくると思う。

それと、結局は、商品・サービスで消費者に喜んでもらうことしかない、という話をしたが、
やずや矢頭創業者が遺している言葉がある

勝ち残る企業とは

1、『どこにでもあるありふれた商品』×『誰もがやっている売り方・サービス』
  =見積もり競争。価格破壊。いずれ倒産の道

2、『どこにでもあるありふれた商品』×『誰もやっていない売り方・サービス』
  =まだ生き残れる

3、『どこにもない独創的な商品』×『誰もやっていない売り方・サービス』
  =しっかり勝ち残る。

結局は、商いは、消費者・顧客への商品提案・サービス提案を、
競合他社と競っているのであり、競合他社が顧客離れを起こしている現状は、
顧客思考の会社にとって、ウサギとカメの『カメ』状態であると考えられる。

「やれるか、やれないか」ではなく、
「やるか、やらないか」の違いである。
PROFILE
外山 茂
外山 茂 / Shigeru Toyama
茂吉商店2代目店主
『外山茂』略歴
『事業プロデューサー』
成果報酬型マーケティングプロデュース会社:年商20億円(社員数20名・コールセンター70名)を創業、2011年事業譲渡。現在は、クライアントの事業目標達成にコミットし、財務、新規集客からコールセンターはじめマーケティング・営業管理一式を請負う事業プロヂュース会社として活動している。
茂吉問答
質問箱

外山 茂が質問にお答えします。

経営やマーケティング、日々のニュースに関わる質問に答えます。お気軽にご質問ください。

*回答までには少々お時間を頂きます。
*ご質問によっては回答出来ない場合もございます。ご了承ください。
お名前*
メールアドレス*
質問内容