モキチ・マーケティング・グループ株式会社
創業者の想い 事業概要 お問い合わせ 茂吉問答 JP / EN
茂吉問答
日々のニュース ▽ マーケティング ▽ 経営 ▽ 人生・フィロソフィー ▽
問い:MTGにみる強いブランドとは?
参考記事
https://newspicks.com/news/3041421
私自身「ReFa」「SIXPAD」輸入品だと思ってました…
日本で、こんなプロダクトを生み出す会社があったのですね。
新しい日本のものづくりの仕組みだなと思いましたが、どう思いますか?

答え:

そもそも、この記事、MTGのスポンサードですね・・・笑

これは、今年5月の記事。
マザーズ上場を視野に、IRともPRともなる情報戦を仕掛けているのですね。

「ブランド開発カンパニー」と名乗るだけあって、
自社ブランドのマネジメントも、しっかりやっている感じです。

そして、MTGブランド戦略として、この記事。

登場する担当者が、みんな地味、普通の人。
いえば、おじさん。

卓越したプロダクトデザインと、
地味・アナログなマネジメントの掛け合わせ。

IR/PRとして、企業の信頼感を伝える意味で、すごく良くできたPRです。

とはいえ、実態がなければ記事にもできませんので、
デザインとアナログの両立が、素晴らしいし、
経営者の器量がすごい、と思います。

上場して集めた資金をどこに再投資していくか、
そこが、これからの成長の肝。

MTG方程式=「クリエイション」×「テクノロジー」×「ブランディング」×「マーケティング」

上記のように、自らの事業価値が何の要素の掛け合わせで生まれているかを
分解整理できる能力、これが、シンプルだが、大きな強みだと思う。

そして、この一つ一つの完成度を左右するのが、「人材」。

マドンナ、クリスティアーノロナウドから、おじさんまで。

人材を適材適所で活かす力。

これが、MTG最大の強みではないか。


さて、質問にある「強いブランド」とは・・・であるが、

MTGでいえば、

MTG方程式=「クリエイション」×「テクノロジー」×「ブランディング」×「マーケティング」

これら全ての要素それぞれを受け持つ仲間たちの「魂」と
それを統合する社長・松下剛の「魂」とで形づくられた「生命体」ということができないだろうか。

強いブランドとは、その「生命力の強さ」である、と。


PROFILE
外山 茂
外山 茂 / Shigeru Toyama
茂吉商店2代目店主
『外山茂』略歴
『事業プロデューサー』
成果報酬型マーケティングプロデュース会社:年商20億円(社員数20名・コールセンター70名)を創業、2011年事業譲渡。現在は、クライアントの事業目標達成にコミットし、財務、新規集客からコールセンターはじめマーケティング・営業管理一式を請負う事業プロヂュース会社として活動している。
茂吉問答
質問箱

外山 茂が質問にお答えします。

経営やマーケティング、日々のニュースに関わる質問に答えます。お気軽にご質問ください。

*回答までには少々お時間を頂きます。
*ご質問によっては回答出来ない場合もございます。ご了承ください。
お名前*
メールアドレス*
質問内容